JBSブログ

2019.07.16 お知らせ

幼児教育・保育の無償化に関する資料

令和元年10月1日から3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園などを 利用する子供たちの利用料が無償化されます。
幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する子供たち だけでなく、 幼稚園の預かり保育を利用する子供たち や認可外保育施設等を利用する子供たち も「保育の必要性の認定」がされれば対象となります。
「認可外保育施設等 」には、一般的な認可外保育施設、地方自治体独自の認証保育施設、ベビーシッター、 認可外の事業所内保育等が含まれます。
ベビーシッターも無償化の対象となることがありますのでお知らせいたします。

幼児教育・保育の無償化に関する説明資料

内閣府のHPに掲載されている資料です。ご参考にして下さい。
幼児教育・保育の無償化に関する資料
幼児教育・保育無償化の主な例


関連記事