JBSブログ

2019.07.16 お知らせ

幼児教育・保育の無償化に関する資料

令和元年10月1日から3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園などを 利用する子供たちの利用料が無償化されます。
幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する子供たち だけでなく、 幼稚園の預かり保育を利用する子供たち や認可外保育施設等を利用する子供たち も「保育の必要性の認定」がされれば対象となります。
「認可外保育施設等 」には、一般的な認可外保育施設、地方自治体独自の認証保育施設、ベビーシッター、 認可外の事業所内保育等が含まれます。
ベビーシッターも無償化の対象となることがありますのでお知らせいたします。

幼児教育・保育の無償化に関する説明資料

内閣府のHPに掲載されている資料です。ご参考にして下さい。
幼児教育・保育の無償化に関する資料
幼児教育・保育無償化の主な例


関連記事

  • 東京都ベビーシッター利用支援事業について 皆様、こんにちは。 JBSのよし川です。 事務所の窓から神宮の杜が一望できます。 寒さの中にも必死に芽吹く草花や木々に生命のたくましさを感じます。 […]
  • 【東京都】 平成31年度ベビーシッター利用支援事業サービス提供約款の改正について こんにちは。JBSのよし川です。JBSでは東京都ベビーシッター利用支援事業を利用してのシッターサービスをお引き受けしております。この度約款の改正がありましたのでお知らせいたします。東京都のHPに改正後の約款が掲載されていますのでご確認をお願い致します。 お申込みやお問い合わせをいただく場合 […]
  • 新型コロナウイルス感染症について 弊社では厚生労働省の情報提供に準じ下記の通りシッターに感染症に対する注意喚起を致しております。2月13日付 「社会福祉施設等における新型コロナウイルスへの対応について」 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596203.pdf   […]