JBSブログ

2019.02.15 お知らせ

東京都ベビーシッター利用支援事業について

皆様、こんにちは。
JBSのよし川です。

事務所の窓から神宮の杜が一望できます。
寒さの中にも必死に芽吹く草花や木々に生命のたくましさを感じます。
受験生のいらっしゃるご家庭の皆様は、感染症の予防、お食事の管理、スケジュールの調整など本当にお疲れ様です。この体験は必ずお子様にとって代えがたいものとなることでしょう。何より、お子様は、親御様が自分のためにしてくれたことをしっかりと感じ取っています。親御様に大きな心で見守られているという感覚は、お子様に勇気を与え、自由な発想で新しい物事を生み出す力となります。
シッターも子どもに関わる大人のひとりとして、一人一人の子どもに「あなたのどんなところも丸ごと大好き」というメッセージを全力で伝えます。」

東京都ベビーシッター利用支援事業について

すでに施行されました「東京都ベビーシッター利用支援事業」について多くのお問い合わせをいただいております。

その多くは「現在JBSを利用しており、この度、区より「対象者確認書」(あなたは利用可能者に該当します、というお知らせ)が届きました。引き続き、同じシッターさんのまま、東京都での利用に切り替えてください。」という内容です。

東京都のベビーシッターとしてお伺いするには、シッターが東京都の決まりに沿った研修をすべて受講し、指定研修修了者証(顔写真付きの身分証明書)を受領している必要がございます。もし、いつもお伺いしているシッターがまだすべての研修を受講していない場合は、残念ながら東京都の利用でお伺いすることが出来ません。

東京都の居宅訪問型保育基礎研修(5日間)は現在5回目の実施となります。最終研修のガイダンス研修は現在12回実施されました。JBSでは現在38名のシッターが指定研修修了者証を取得致しております。

JBSでは今後も順次、東京都シッターの研修受講を推奨し、人数を増やして行く所存です。

どうぞよろしくお願い致します。

JBSよし川

関連記事