JBSブログ

2020.04.07 お知らせ

4/8(水)から5/10(日)まで営業を中止しています。

私たちの考え

今夜発表される予定のコロナウィルス緊急事態宣言により、JBSでは先週末にご連絡の通り

シッター派遣の中止と事務所の営業中止を決定いたしました。

中止期間は明日4/8(水)から5/10(日)までとさせていただきます。

5/11(月)から通常通りの営業を予定しておりますが、緊急事態宣言の期間が長引いた場合は、その時の状況により判断し、皆様にお知らせ申し上げます。

皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、感染拡大防止のため何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ご予約を頂いていたお客様には担当シッターからもご連絡をさせて頂きますので何卒宜しくお願い申し上げます。

尚、今回の措置により、お伺いしなくなったご予約についてはキャンセル料及び手数料はいただきません。

また、ご登録されているお客様の登録更改月を1ヶ月延長させていただきます。

多くの方が、新型コロナウィルスに感染し、大変苦しんでおられます。ご本人様はもちろんのこと、そのご家族の皆様、お知り合いの皆様にとっても言葉を尽くしても言い現わせないほど、心を痛めていらっしゃることと存じます。
小さなお子様の育児をしながらもお仕事に行かなくてはならない方も大勢いらっしゃいます。
ご自身の命の危険を感じながらも人々のために使命を果たそうと頑張ってくださっている方がいらっしゃいます。

こんな時だからこそ、ベビーシッターを派遣すべきというお考えもあります。

ですがJBSのベビーシッターは電車やバスなどの公共の交通機関を使って移動しています。時間によっては不特定多数の方と接触しながらお客様のお宅にお伺いすることになります。マスクや手洗い、消毒を徹底し、お客様宅で窓を開け、換気をしたとしてもシッターが感染源になる可能性は0ではありません。もし、JBSのシッターが知らずに感染し、お客様の命を奪う結果となってしまったらと考えると、どうしても今、危険を冒してお客様のお宅にご訪問することが最善の選択であるという考えに至りませんでした。

医療従事者の方は大変なご苦労をされ、PCR検査も受けたくても受けられない方がたくさんいらっしゃる今、私たちシッターが動き回り、PCR検査を受けなければならなくなったり、医療のお世話になることはしたくありません。

お客様の安全だけではなく、今は日本が、世界が、1日も早く新型コロナウィルスの蔓延を終息させることに協力することが私たちのすべきことと考えました。

営業中止が長引けば会社の存続に関わるかもしれません。しかし、だからと言ってシッターを危険にさらし、お客様に感染の心配を与えることはJBSの想いに反します。

これは苦渋の選択ではなく、私たちにとっては当然の選択だと考えています。

営業が再開する日まで、スタッフ、ベビーシッターは、「今、私たちに何ができるか」を考え合いながら過ごしています。

皆さまどうぞお気をつけてお過ごしいただき、営業再開後に元気な笑顔でまたお会いしましょう。

新型コロナウィルスの1日も早い終息を祈っています。

株式会社ジャパンベビーシッターサービス

関連記事

  • ベビーシッターなどを利用する保護者の皆様へ 子どもの健全な育ちと安心・安全な利用のために ベビーシッターなど、乳幼児宅を訪問する保育事業や子育て支援などは、子育て世帯の需要にきめ細かく対応する社会的意義のある事業です。ただし、利用する際には、原則、皆様のご自宅で、子どもと1対1で保育を提供する特性を踏まえた事前の確認や配慮が重要です […]
  • お客様にご安心してご利用していただくために、私たちがしていること。 ベビーシッターはお客様のご自宅など、ご指定の場所で保育をいたします。初めての人にお子様の命をお預けいただくということは、親御様にとって大きなご不安やご心配があることと存じます。JBSは日本で初めてベビーシッターの会社を設立し、創業以来約50年間、大きな事故やトラブルがありません。それはどうしてで […]
  • コロナに感染されたお母さんの母乳育児について コロナに感染されたお母さんの母乳育児についてWHOでは母乳育児を奨励しています。 http://www.emro.who.int/nutrition/nutrition-infocus/breastfeeding-advice-during-covid-19-outbreak.html   […]